肝斑の治療に効果のある大阪のレーザートーニング

大阪には色素沈着や肝斑の治療のために、レーザートーニングを提供しているクリニックが多数あります。


特に肝斑は治りにくシミと言われており、個人差はありますが、30代後半から増えはじめます。原因が女性ホルモンによるため、他のシミとは違う治療が必要となります。大阪のレーザートーニングでは、弱いパワーのレーザーを少しずつ肌に照射し、メラニン色素を徐々に減少させます。肝斑以外にも、頑固な色素沈着を改善します。微弱なレーザーを均一に照射することで、シミの原因であるメラノサイトを活性化させません。



継続的なレーザー治療で、効果が高まります。
その他、くすみや開いた毛穴なども改善するため、透明感とともにキメの整った肌が実現します。
大阪で行われているレーザートーニングでは長い波長を使用しており、深い部分にある真皮上層にもレーザーが届きます。

その結果、コラーゲンの生成量が増加します。レーザートーニングには、美白成分の導入を併用すると効率的です。



この場合、メラノサイトの活性化を抑制するトラネキサム酸が有効です。

別名トランサミンとも呼びますが、この成分は口から服用して、体内に吸収させます。


レーザートーニングとの相乗作用によって肝斑などが薄くなり、透明感のある肌が得られます。トラネキサム酸と一緒にビタミンCも内服すると、さらに効果がアップします。



尚、服用量は自己判断で決めず、クリニックの医師の処方に従うことが推奨されます。